【日本酒 新規取扱銘柄】府中誉・太平海・御慶事

いつも大変お世話になっております。

新しく取り扱いを開始いたしました、茨城県のお酒をご紹介いたします。

※表示は税込価格です。

府中誉(茨城県石岡市)

創業安政元年(1854年)。
蔵の建つ石岡市は、遠く天平の昔から常陸の国の国府(府中)として大いに栄えました。
また、この地は関東の霊峰 筑波山を源とする湧水に恵まれ、不忠六井と呼ばれる酒造りに最適な水が蔵の仕込み水となっています。
酒は「常陸府中」の名を冠し「府中誉」と命名されました。

20160308-1

府中誉 渡舟 ふなしぼり原酒
1800ml 4,860円
720ml 2,430円
幻の復活米「渡船」が持つフルーティーな香りと濃厚な味わいを生かすため、米を50%以上削り、昔ながらの手作りで醸す吟醸酒に仕立て上げました。
一切の加水やろ過はしておらず、生のまま瓶詰めしたもので渡船のふくよかさ、アルコールのボリューム感、澄み渡った吟醸香。
すっぴんのお酒を丸ごと味わえます。

太平海 純米おり絡み 本生
1800ml 2,808円
720ml 1,404円
五百万石を55%精米し醸した純米に、純米吟醸の滓をからめました。
春らしいふくよかな香味の本生酒です。

青木酒造(茨城県古河市)

天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に現在地のある茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業し、キレの良い関東人好みの酒を作り続けて来ました。
清酒御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で御慶事と命名しました。
古河で唯一の地酒として地元をはじめ、広く愛飲されております。

20160308-2

御慶事(ごけいじ) 純米吟醸
1800ml 3,672円
720ml 1,835円
SAKE COMPETITION2015 純米吟醸部門 第3位
地元産のひたち錦を50%精米し使用した純米吟醸。相性の良さから10号酵母を使用しています。
全体に軽やかな印象ですが、きれいでのびやかな旨味を感じ、更に後口に感じる余韻も上品に切れていきます。
冷やした状態から常温まで美味しく召し上がれます。

よろしくお願いいたします。

広告