【日本酒】ひやおろしの前に・・・(楯野川、大那、三井の寿)

いつも大変お世話になっております。

リオオリンピック、連日寝不足の方も多いのではないでしょうか。
昨日(今日?)は卓球の女子団体、銅メダルを獲得しましたね。
接戦の準決勝ではあと一歩のところで悔しい結果となりましたが、見事な銅メダル。
今回のオリンピックで使用されている卓球台、流線型の脚が特徴的なデザインがとても気になり、調べたところ、デザイナーは日本人、そして日本で制作されたそうですね。
4年後の東京オリンピックでも、各所でメイド・イン・ジャパンが活躍するのではと期待したいところです。

そんなオリンピックももう後半、22日の閉会式にて終了。
夏の代名詞とも言える全国高校野球も21日の決勝戦で終わりを迎えます。
まだまだ暑い毎日が続いておりますが、夏もそろそろ終わりが近づいています。

お酒ももうすぐ秋の風物詩、ひやおろしが入荷となる時期です。
その前に、夏の終わりの夏酒はいかがでしょうか?

楯野川、大那、三井の寿

楯野川 直汲み生 純米大吟醸 夏熟
山形県 楯の川酒造
1800ml 3,672円
50%まで磨いた山田錦で仕込んだもろみを上槽後、一切手を加えずにそのまま瓶詰めした生酒。
春先から夏までの間、蔵の冷蔵庫でじっくりと熟成させました。
一層味が乗り、さらに豊かな味わいになりました。

大那 夏越し純吟 仕込十九号
栃木県 菊の里酒造
1800ml 3,024円 720ml 1,620円
地元那須産の美山錦を55%精米して醸した純米吟醸です。
こちらは初呑切り(春貯蔵した酒の熟成具合や香味を約半年後の夏にきき酒し、確認する作業)で一番評価の高かった仕込みのものを瓶詰め。
一回瓶火入れ低温瓶囲い酒、旨味のあるまろやかな味わいでひと夏を越し飲み頃を迎えています。
今の時期にしか味わえない、季節を感じる逸品です。

三井の寿 コチネレ 純米
福岡県 みいの寿
1800ml 2,808円 500ml 1,026円
毎年春に発売している、四つ葉のクローバーのラベル、「クアドリフォリオ」のスピンオフ商品です。
吟のさとを60%精米し、醸した生詰めの純米酒。
9号酵母を使用しているので、クアド リフォリオの華やかさとは違う、食中酒にピッタリのお酒です。
「コチネレ」とはイタリア語で、てんとう虫の事を言い、俳句で言うと、てんとう虫は夏の季語になるそうです。

よろしくお願いします。

広告