お燗酒が一層美味しい季節になりました!

いつもありがとうございます。

今朝は寒くて布団の中で丸まって目が覚めました。
朝晩の冷え込みが一層強まってきましたね。
コンビニのおでんコーナーや肉まんコーナーについつい目がいってしまう季節・・・
もう、これはお燗酒の出番ですね!

お燗酒向きに造られたお酒は、もちろんお燗で美味しさ倍増ですが、冷たくても美味しいのです。
様々な温度帯で楽しめる日本酒は、世界中のお酒の中でも稀。
お燗向きのお酒と言っても、お燗にして飲まなければならない、ということはないので、一本あるといろいろな飲み方ができ、使い勝手が良いお酒です。
お燗のつけ方も、徳利で湯煎でつけなければ、という決まりはありません。
口の広い器、片口などでレンジで温めても美味しいお燗になります。
今晩も冷えるようですし、お好みの温度帯のお燗酒で晩酌はいかがですか?

※表示価格は税込価格です。

 

醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に
左:山田錦  右:雄町   (愛知県 萬乗醸造)
1800ml 各3,930円

試行錯誤の上造られた、秋~冬限定のお燗向きのお酒です。
「火と月の間に」というネーミングは「燗」という漢字をバラバラにくずして命名されています。
山田錦はシャープな酸とお米の旨味が特徴ですが、お燗にすると酸が丸みを帯び、より一層旨味を楽しめます。
雄町はパワフルな旨味が特徴。お燗にすると柔らかさが増す印象です。
どちらも冷たくても美味しいお酒なので、お好みの温度帯を見つける楽しさも味わえます。

 

山形正宗 お燗純米  (山形県 水戸部酒造)
1800ml 3,024円

SAKE COMPETITION 2017のラベルデザイン部門で2位を受賞。
ラベルからも受け取れるように、人肌燗(35℃前後)がオススメです。
リンゴ酸を乳酸に変える「マロラクティック発酵(Malo-Lactic Fermantation:MLF)」技術を活用した日本酒です。
MLFは一般的に赤ワイン醸造で使用される技術で、乳酸菌の働きによりお酒に含まれるリンゴ酸が乳酸に変化し、優しく柔らかな味わいを生み出します。
乳酸は「温旨酸(おんしさん):温めて美味しい酸」の代表。
冷たくても美味しいのですが、温旨酸が多いので温めて旨味が増します。

雑賀 山廃純米  (和歌山県 九重雑賀)
1800ml 2,484円 720ml 1,242円

純米ならではのふくよかな味わいが特徴。
山廃仕込みのお酒は、重厚で骨太、力強い味わいが多くありますが、こちらは山廃仕込みにしては、軽快でかつ燗上がりし、お好みの温度帯で楽しめるお酒です。
「全国燗酒コンテスト2016」のプレミアム燗酒部門で「最高金賞」を受賞しています。

旦 山廃純米  (山梨県 笹一酒造)
1800ml 2,781円 720ml 1,391円

「食事に寄り添う酒」をテーマに醸される「旦」、その中でも山廃純米は旨味、酸がしっかり出ていて、様々な温度帯で楽しめます。
温めるとより一層のコクが出ますが、キレが良いので飽きることなく飲み続けられます。

玉川 山廃純米 山田錦 無濾過生原酒  (京都府 木下酒造)
1800ml 3,456円 720ml 1,728円

旨味と酸がガッツリあり、キレもバッチリです。温めると旨味、キレも増します。
また、開栓後の変化も楽しめるお酒なので、一升瓶とじっくり付き合うのもオススメです。

 

羽前白梅(うぜんしらうめ) ちろり 純米吟醸  (山形県 羽根田酒造)
1800ml 3,456円

「ちろり」とはお燗酒をする道具のことで、この名前から連想される通り、ぬる燗にするとふっくらとした旨味と柔らかな口当たり、至福の味わいです。

竹林 ふかまり 純米  (岡山県 丸本酒造)
1800ml 2,695円 720ml 1,296円

「酒造りは米がいのち」を掲げ、「本当に良い酒を造ろうと思うなら、原料である米から責任を持つのは当然の事」との考えのから、酒造りを米作りから始めています。
米の味を前面に押し出した深いコクのあるお酒です。そのままでももちろん、ぬる燗にするとほんわりと少し緩んだ感じが絶品です。

杉錦 生もと 純米 中取り原酒  (静岡県 杉井酒造)
1800ml 3,240円 720ml 1,728円

生もと純米は自然の乳酸菌による酸味で殺菌を抑えて健全な発酵を促す伝統的な醸造方法です。
穏やかな香りと酸のキレ、しっかりとした旨味が楽しめます。温めるとふんわりとした優しい香りが広がり、口当たりも柔らかく、思わず「美味しい~」とほっこりニンマリすること間違いなしです。

よろしくお願いいたします。