山梨ヌーボー解禁です!

いつもありがとうございます。

近年人気が高まっている【日本ワイン】とは、日本国内で栽培されたブドウを使用して日本国内で醸造したワインのことです。
ブドウの収穫量、日本ワインの生産量ともに日本一の山梨県では、国内の固有の品種、マスカット・ベリーAと甲州を使用した新酒を「山梨ヌーボー」と命名し、解禁日を11月3日に設定しています。

11月3日、解禁日には東京の日比谷公園で【山梨ヌーボーまつり】が開催され、毎年多くの方で賑わっています。
週末はお天気も良いようですし、是非、お出かけください。

■山梨ヌーボー祭り

日時:2017年11月3日 10:30~14:30
場所:日比谷公園 噴水広場
詳しくは公式サイトをご参照ください。

さて、本日ご紹介のワインは、【アグア ヴィソーザ プラゼール アルガ】、勝沼醸造のヌーボーです。
山梨のワイナリーの中で最大手ワイナリーの一つ、勝沼醸造は今年80周年を迎えます。
甲州種ワインの生産量は県内トップで、JALのファーストクラス用ワインに採用された、初の国産ワイナリーとしても有名です。
国内外のワインコンクールでも数々の受賞歴を誇る、国産ワインを代表する造り手です。
和食に合う甲州ワインとしてファンも多く、ヌーボーも毎年大人気です。

アルガーノ甲州 2017  (山梨県 勝沼醸造)
750ml 1,998円(税込)

グレープフルーツ、青りんごを思わせるさわやかな香りが心地よく感じられます。
アタックにフレッシュな酸味がパッと広がり、優しい果実味とほのかな苦みが残りながら、ヌーボーらしい軽やかでスッキリした印象です。
ここ数年、落ち着いた感じの味わいでしたが、今年はまさにフレッシュ&フルーティの新酒らしいワインです。

よろしくお願いいたします。