お正月疲れは低アルコール日本酒で!

あけましておめでとうございます。
今年も、お酒の新入荷情報や、美味しいお酒の情報をお伝えいたしますので、よろしくお願いいたします。

さて、お正月休みの飲み疲れの方も多いかと思いますが、それでも日本酒が飲みたい(私だけかもしれませんが…)、そんな皆様へオススメの、低アルコール日本酒をご紹介したいと思います。

アルコール度数13%程の低アルコールならではの飲み口の良さはもちろんですが、味わいもしっかりと楽しめるタイプの日本酒をご紹介いたします。

※表示価格は税込価格です。

東一 純米吟醸 Nero  (佐賀県 五町田酒造)
720ml 1,728円

試行錯誤を繰り返し、原酒でアルコール度数13度になる様に仕込んだ、日本酒です。
原酒ならではの旨味そのものと、低いアルコール度数による軽やかさとの調和がこの酒のコンセプトです。
落ち着いた南国フルーツのような香りと、まろやかなで凝縮した旨味が見事に調和し、凛とした酸が全体を上手く引き立たせ、後味のキレの良さを演出しています。

米鶴 純米 Twelve  (山形県 米鶴酒造)
1800ml 2,532円 720ml 1,296円

爽やかな香り、旨味と酸味のバランスが良く、綺麗で軽快、アルコール度数12%で体にもやさしい純米酒です。
なお、ラベルの扇は蔵元の梅津家の家紋が由来になっています。

寒紅梅 トレセ13 純米吟醸 山田錦  (三重県 寒紅梅酒造)
720ml 1,490円

師である「東一」でも低アルコールのお酒を造っており、その技術を受け継いでいます。
「水っぽい」という今までの低アルコール酒のイメージを変える一本となっています。

賀茂金秀 特別純米13 原酒生  (広島県 金光酒造)
1800ml 2,808円 720ml 1,404円

原酒でアルコール度数13度に仕上がるように設計された特別純米酒。
軽くてもバランスよく飲みごたえを感じる、日本酒の新しい世界にチャレンジした商品です。
今の時期だけの生酒です。

よろしくお願いいたします。

広告