【7/7解禁】DATE SEVEN

いつもありがとうございます。

7月7日といえば “七夕” が一般的ですが、近年、日本酒愛好家の方には “あるお酒の解禁日” のイメージも徐々に定着してきたように思います。

7月7日夜7時(19時)解禁となるのが “DATE SEVEN(ダテ セブン)“ 。
“DATE SEVEN” は異なる個性を持つ宮城の7蔵元が集い、それぞれの得意分野を互いに吸収し合い、常に技術研磨を重ねる蔵元集団です。
4年目となる今年は宮城県発祥の食米「ひとめぼれ」を33%まで精米し、食米でどれだけ上質な日本酒を造ることが出来るかに挑戦。やわらかな甘さと爽やかなキレは、初夏の夜にピッタリです。

毎年担当を変えて造りに挑んでいますが、今期の各担当は以下の通りです。
リーダー蔵:川敬商店(黄金澤・橘屋)
精米:新澤醸造店(伯楽星・あたごのまつ)
原料処理・蒸し:萩野酒造(萩の鶴・日輪田)
麹:墨廼江酒造(墨廼江)
酒母:仙台伊澤家 勝山酒造(勝山・戦勝政宗)
醪:寒梅酒造(宮寒梅)
搾り:山和酒造店(山和)

DATE SEVEN Episode IV
720ml 2,700円(税込)

なお、はせがわ酒店各店では、7月7日当日、DATE SEVENの各蔵元による各蔵選りすぐりの日本酒の試飲販売を行います。
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

※試飲販売実施店舗(予定)
亀戸本店(寒梅酒造)
麻布十番店(萩野酒造)
東京駅グランスタ店(川敬商店・墨廼江酒造)
日本橋店(川敬商店・山和酒造店)

よろしくお願いいたします。

広告